介護職員に外国人が当たり前の時代

外国人労働力を確保したい意向が高まってきている

介護職員に外国人が当たり前の時代」で見つかる!様々な介護求人情報サイトです。
外国人の介護職員に関する気になる情報を探しているなら是非当サイトで見つけてください。

 

最近注目されてきているのは、産業界で人手不足の対策の一つとして同制度を活用した外国人労働力を確保したいという意向が高まってきているからなのです。

 

外国人技能実習制度というのは、日本の技術を途上国に移転することを目的として人材育成を支援するため1993年に開始されました。

 

現在この制度を利用して国内在留外国人は約15万人います。財団法人国際研修協力機構(JITCO)により制度を運営しており、小企業が集まり日本側の受け入れ窓口となる協同組合を設立、そして一定期間の研修後に企業に派遣することが多くなっています。

 

この制度の趣旨についてですが、日本企業が海外へ進出する場合に、現地で採用する必要のある労働力の確保を主眼として設立された制度でした。

 

建設現場などでの人手不足を解消するための対応策として、外国人技能実習制度が政府内で注目されています。

 

現在3年間を上限と定めているこの期間の延長などが規制改革会議などで連日提言されていますが、政府・与党内に慎重論を根強く持つ人も多く、本格的な検討に入るには今少し時間がかかりそうです。